温度

 

酒精強化ワインであるマデイラワインの場合、サーブする温度は、大変重要な要素です。温度が高いと、アルコール由来の香りだけが際立って、ワインのすべての特徴ある香りが常に製造者の指示を考慮し、通常裏ラベルにその内容が載っています。適した温度は主に糖度、品種の由来となった品種系の年齢によります。一般に、若いワインは13から14ºCの間の温度で、古いワインはその複雑さから、15から16ºCの間の温度で饗することが薦められます。