マデイラワインの歴史


マデイラ島は、1419年に発見されました。まもなく土地が開墾され、土壌は小麦、ブドウ、さとうきびの栽培に利用されることとなりました。マデイラワインの歴史はここに始まり、何世紀もの間、島自体の発展と歩みを共にしました。歴史上の記録によると、植民地化が始まって25年後には、マデイラワインの輸出が現実となっていました。


5世紀以上にわたる存在から、より多様な輸出航路での国際化の歴史を語ることが出来るでしょう。16世紀、17世紀の、インドとアメリカ行きの航路、後者は我々の世代にも引き継がれる 19世紀以降は、ヨーロッパ(イギリス、フランス、スカンジナヴィア諸国)と日本への輸出という大事件。このワインの名声と威信は、無数のエピソディーが後世に伝えており、その中でも、1776年、アメリカ合衆国の独立の記念にマデイラワインの杯で祝われたのです。


多くの著名人、政治家や神話的な人物たち
ジョージ・ワシントン トーマス・ジェファーソンのような例 マデイラワインの深く理解し さらにウィンストン・チャーチルは、島に訪問の際に、(マデイラワインを)知り、味わう機会を持ちました。   
 

マデイラワインの歴史