IVBAM 世界観光の日記念祭に参加

 

マデイラ・ワイン・刺繍・手工芸品協会(IVBAM)を通じ、マデイラ自然資源環境局は、9月27日の世界観光の日記念祭に参加し、場所と日時を変えて、各種のプロモーションを展開致します。
 
マデイラ国際空港到着エリアにおいて、午後4時から6時の間にマデイラを訪問される観光客の皆様に、マデイラ・ワインの試飲とサンプルを提供致します。
 
アルミランテ・レイス大通りのロープエイ乗り場では、マデイラ・ワイン・刺繍・手工芸品をイメージした美しい装飾にあふれた展示会場として10月末まで一般公開されます。9月27日、典型的なマデイラ島固有の雰囲気の中で、訪問客の皆様は輸出拡販用に制作した2本の映像をご覧頂ける上に、11時から12時半の間にマデイラワインを試飲することできます。
 
9月27日及び28日には、アリアガ大通りの地域観光局(DRT)の情報文化サービススペースにて、DRTとIVBAMはマデイラワインとマデイラ民芸品を紹介する展示会を開催します。この2日間では、二人の職人によるマデイラ手工芸品の“ライブ”実演が特設されます。マデイラワインに関しても拡販用のパネルを展示し、さらに11時半-1時及び2時-3時の2回の試飲会を行います。
 
IVBAMは 、マデイラ島の特産品をご紹介するこれらのイベントへ、観光客他皆様をご招待致します。