ブドウの品種

現在マデイラワインの生産によく使われているブドウの品種は、セルシアル、ヴェルデーリョ、ボアル、ティンタ・ネグラです。 ブドウの品種をお勧めし、承認した

 
 ティンタ・ネグラ セルシアル べルデーリョ ボアル マルバジア
ティンタ・ネグラ [+]  セルシアル[+] べルデーリョ[+] ボアル[+] マルバジア [+]

ティンタ・ネグラ

 

マデイラでは18世紀にティンタ・ネグラが導入されました。大変オールラウンドで丈夫な品種で、中くらいから小さい実をつけ、皮が大変薄く、導入当時から、島のもともとの条件に簡単に適応しました。主に島の南部ではフンシャル、カマラ・デ・ロボシュ、北部ではサン・ヴィセンテで栽培されています。ティンタ・ネグラからは 辛口、中辛口、中甘口、甘口のワインを作ります。総生産の80から85%を占めます。